やっぱり、転職するならばナース人材バンクでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
saya072171907_tp_v

転職をナース人材バンクでしたきっかけ

現在28歳の開業医のクリニックに勤務している女性看護師です。以前は、同じくらいの規模の整形外科の看護師として勤務していました。そのクリニックは兵庫県ではかなり大きくて、医院長、副医院長そしてもう一人医院長がおられて、みなさん同じ名前つまり3兄弟で、長男、次男、そして長女という三人の医師で運営をしておりました。力関係がはっきりしていて、下につく看護師のほうもそのあたりを見極めながら働く要領がわかってくると、普通の総合病院よりも働きやすいと言えるかもしれませんでした。
新しいことが好きな院長のおかげで、新しい技術とか、むつかしい手術とか、マスコミ対応にも積極的なクリニックでしたので、仕事をしていて退屈とかいうことはありませんでした。看護師たちはそれぞれの先生のもとに5人程度割り振られていて、全体で15人程度の看護師が働いていました。人が3人集まると派閥が出来ると言いますが、15人もいれば派閥が出来ないわけがありません。二つ程度の派閥ならばいいのですが、三つも四つもということになりそれに気を取られることが多い看護師生活でした。
派閥の成り立ちは、気が合わないとか相性が良くないとかの、人の気質に関わることならばともかく、○○先生のグル-ブであることと出身学校の違いであることがほとんどでした。15人いる中で、専門学校卒業生が6人、短大卒業生が6人,そして4年制大学卒業生が2人にいます。婦長さんが専門学校卒の厳しい人で、私は4年制大学卒なので、良い意味でも悪い意味でもみんなの前で叱られることが多く、働き出して6年目になりますが、最初の2年間は大変つらい思いをしました。その婦長さんも退職されて、私が中堅として、その大手個人クリニックを引っ張る立場になって頑張っています。ただ、3年前に我々のクリニックに入ってきて、派閥争いに負けたり、副医院長先生と不倫騒ぎを起こしてしまった子がいます。その子の転職を副医院長から頼まれて探すときに使ったのが「ナース人材バンク」でした。

ナース人材バンクで、次をみつけました。

転職希望の人は、いろいろと理由があります。私が親代わりで仕事を探してあげた女性は、職場の人間関係が円滑にいかなかったからです。ほかにも、夜勤が続いて新婚夫婦なのに離婚しそうだから日勤のクリニックに変わりたいから転職してきた看護師とか、緊急医療で毎日のように人の生き死にに遭遇しているので、人間として少しおかしくなってきたために普通の看護師業務をしたいということで転職してきた看護師とか色々とあります。だから、自分の事情に合う転職サイトを見つけることがものすごく大切なことです。
もっと正確に言うと、依頼者の視点で転職先を真剣に探してくれるスタッフに出会えるかということに尽きるでしょう。私は「ナース人材バンク」とあつ2件ほど看護師転職サイトに登録しました。本人ではなく、姉ということで希望とか要望とかをぶつけました。私の出した要望はそんなにむつかしいリクエストではありませんでした。大阪、梅田から1時間以内に通えるところ、交代勤務も辞さない、病院の中に派閥のないところ、風紀が乱れていないところということでした。当たり前の
ことで、実は面倒くさいリクエストではあるのです。交代勤務も辞さないというところ当りは、病院側からすると大歓迎の条件になるのですね。「ナース人材バンク」以外のところは、すぐに二つほどの病院のリストが届きました。「ナース人材バンク」からは3週間ほどして一つの総合病院の募集要項が届きました。派閥があるとか、風紀が乱れていないかとかは、対象病院に親しい人がいて、かつその事をヒアリングしたことがあるとか、今回わざわざヒアリングをかけないとわからないことなのです。「ナース人材バンク」だけが簡単な調査をかけてくれたようで、そこの看護師は、転職希望の若い看護師の出身短大卒が大半でした。それならば派閥争いには巻き込まれないかと思いました。風紀が乱れているか否かは、現在の院長はそういうことにうるさい人であるという但し書きが書いてありました。

ナース人材バンクを選んだ理由

人間関係のもつれ、派閥、不倫騒ぎで、居心地がわるくなった仲間の看護師を、別の新しい職場におくりこんだ経験がある私が言えることは、いくつかあります。それを紹介しておきます。個人で次の職場が見つかるのが一番いいです。ただ、範囲が限られていますし、みつかったとしてもそのあとの給料等の交渉等が個人レベルではむつかしいことが多いです。だから、転職の場合は、理由はいろいろとあると思いますが、ともかく転職サイトにエントリ-することをお勧めします。あるいは周りの上司のような人が、すればいいのです。
転職が高望みの場合もありますが、それは他人に言われて初めて気が付くものです。だから、転職サイトのスタッフの反応というのは意外と大切だといえるでしょう。まさに転職希望者が、今の転職市場でどの程度の価値があるかを映し出す鏡のようなものになると言ってもいいでしょう。
そういう意味で、その価値を映し出す鏡である転職サイトの受付スタッフとのめぐり合いは非常に大切です。ともかくどこでもいいから転職を決めさせて、手数料を病院側から取れといわれているスタッフならば真剣にいろいろと考えるよりは、数打てばということでいろいろと案件の紹介を行うでしょうし、ややこしい条件のリクエストは自然と後回しになるはずです。中小の転職サイトはも厳しいノルマをスタッフにかけているので、自然とスタッフも対応が荒くならざるを得ません。その点大手は、紹介料獲得と同時に転職斡旋会社としてのブランド力を、上げたいという思いもありますから、スタッフとしてもきちんと対応してくれる人に出会える確率が高いです。「ナース人材バンク」大手三羽ガラスでありますし、口コミを見てもひどい風評は見当たりません。
病院の人間関係のことまで含めての、面倒なリクエストにもきっちり答えてくれたので、「ナース人材バンク」にしてよかったと思いました。


この記事と似た記事:

当サイトオリジナル、看護師・看護学生専用LINEスタンプ販売中! ナースのみなさまの日常会話で利用できる、専門的な医療用語をちりばめたスタンプです。かわいい、癒し系のデザインで、送った相手にも喜ばれること間違いなし! 詳細はこちらからご覧ください!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク