再就職は成功しましたが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yakusan20160801365210_tp_v

自己の経歴と転職のきっかけ

こんにちは。ナース人材バンクを利用し再就職できたので再就職に至るまでの経験をお話いたします。まずは自己紹介から。私は正看護師10年目、今は4歳の女の子のママナースです。転職は2度経験しています。初めての就職は企業病院でした。周りの友人は大学病院や規模の大きい病院を選んだのですが、私が企業病院を選んだきっかけは、地域に密着した愛の感じられる病院だったこと、また単純に福利厚生が充実していたからです。実際に、社員寮は光熱費込みで月1万円を切る安さでしたし、温泉街の保養所の利用やアミューズメントパークのチケットなど魅力的な福利厚生がたくさんありました。
1年目より希望通りの外科病棟配属で、人間関係にも恵まれ、看護研究や後輩指導、委員会活動など充実した日々を送っていました。その分、残業もありましたが年齢相応のお給料をもらっていたので満足でした。私が転職した理由は主人の転勤でした。
自分自身、この病院で定年を迎える気持ちで働いていたので、まさかの転勤にびっくりしました。
転勤先は通勤の範囲を越えていたので、転職を余儀なくされました。急に決まったこともあり仕事の整理をしなければならなかったので、主人が先に転勤先で単身赴任をし、私は落ち着いた頃に子供を連れて引っ越すというかたちをとりました。
引っ越しの3か月前に病棟の師長に転勤が決まったので退職させてほしいと話をしました。
転勤が信じてもらえなかったのか、退職が気に入らなかったのか、病棟異動の話を切り出されました。
断ることができなかったので、残り短い期間でしたが整形外科に異動することにしました。
共働きで、子供の世話は夫婦で分担していたので
子供と二人で生活することや、異動によって環境が変わることにすごく不安がありましたが、異動先にも同期入社の看護師がいたため、フォローしてもらいなんとか引っ越しまで乗りきることができました。 幼い子供をもちながら休みの日に引っ越し準備をするのはとても大変でした。

ナース人材バンクを利用してみて感じたこと

転勤先に引っ越しし荷物などの整理が一段落したころ、少し自宅でのんびり子供と過ごしながらインターネットで就職先を探しました。しかし、新しく慣れない地で土地勘も周囲の病院のことも全く分からず、なかなか就職先が決まりませんでした。
インターネットで病院を検索中に、広告に「ナース人材バンク」の表示がありクリックしました。
インターネットで病院の口コミを見ても、いまいちピンとこなかったので、紹介業者に聞いてみようと思いました。インターネットからプロフィールを入力すると、同日すぐに電話連絡がありました。
希望の勤務形態や年収を細かく聞かれました。
子供がまだ小さかったので、夜勤がなく託児所がある病院を希望しました。希望に添う病院をいくつかメールで紹介してもらえました。その中から3つ選び病院見学に行くことにしました。病院見学の日程は人材バンクさんが調整してくれました。場所を調べ、見学に行きました。はじめに見学へ行ったところは、総合病院で循環器に特化したところでした。
見学日当日は私だけでなく数名参加されていました。そこで驚いたことは、私以外の参加者全員が紹介業者の方が付き添っていたということです。そこで、自分では聞きにくいこと、例えば自分が就職した場合のお給料の概算や残業の程度などを代わりに質問してもらっていました。人材バンクさんからは、付き添いますという言葉はなかったので、他の業者さんを利用するとそういうメリットがあるのかもしれません。見学が終わった後、電話連絡をしてほしいとのことだったので、連絡をして見学の内容と評価を伝えました。これを繰り返して計3件見学をしました。3件の中から、公立の病院を選びました。日勤常勤になりたかったのですが、パートでもボーナスをもらえること、託児所の雰囲気がよかったことが決め手になりました。人材バンクさんを利用し、無事に再就職先を見つけることができましたが、電話やファックスで病院の紹介や日程調整をしてもらえるだけで、あとはほとんど自分で行動していました。就職後、知人にその話をすると知人が利用したことのある紹介業者さんは就職後も連絡があり、雇用の条件がきちんと守られているか確認してくれたそうです。人材バンクさんはアフターフォローもなく少し冷たく感じました。初めての転職先は忙しい病院でしたが人間関係もよく働きやすかったので結果的にはよかったです。

今後転職を考えている方へ

今後転職を考えている方へ。私のように家族の都合で慣れない土地へ行く方も多いと思います。
慣れない地で生活をスタートするということだけでもストレスですが転職ともなると不安ですよね。その点、看護師は再就職には不自由しません。全国どこでも働ける看護師でよかったと思います。ただ、転職先を探すにあたって、看護師の資格はあるけれど認定看護師でも専門性があるわけでもなく、何か実績があるということもなかったので自分自身には何もアピールポイントがないと落ち込むことがありました。そこで、専門性がある病棟を希望し就職しましたが環境に慣れていないこと、子供がまだ小さかったということでストレスを感じることも多くありました。転職の際、自分には何もないと落ち込んだり、無理してチャレンジしたりせず、まず初回は楽しく長く仕事を続けられるように自分が馴れた分野での就職をオススメします。ステップアップは職場に馴れた後でも遅くないと思います。

これからナース人材バンクさんを利用するにあたって。

私の場合、地域や担当者さんの都合もあったのかもしれませんが、他の業者さんに比べフォローが少し足りなかったように思います。自分が見学に行ったり、病院と調整しなければならない事がでてきた場合に自分の担当の方にどこまでフォローしてもらえるのか確認してから利用したほうがいいと思います。また、最近ではインターネットの広告にも就職お祝い金がもらえるところもあるので、少しでもお得に就職できるような業者さんを探すのもいいと思います。転職は時間も労力も使うので疲れると思いますが、うまく紹介業者さんを利用すれば、きっといい職場に出会えると思います。頑張ってください。


この記事と似た記事:

当サイトオリジナル、看護師・看護学生専用LINEスタンプ販売中! ナースのみなさまの日常会話で利用できる、専門的な医療用語をちりばめたスタンプです。かわいい、癒し系のデザインで、送った相手にも喜ばれること間違いなし! 詳細はこちらからご覧ください!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク