看護師はやりがいがありますが、やりがいだけではないのも事実(男性・看護師歴5年)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの看護観

看護師として働いて5年。
充実感を覚える時もあれば、自分の無力さに気付かされる時もあれば、現実に直面せざるを得ないことも多々あります。看護師として働く前は自分を過信していたのかもしれません。一人でも多くの人を笑顔にしたい、一人でも多くの人の手助けが出来れば…そのような気持ちを持っていたのですが、仕事が慣れてくるとどうしても「患者のために」ではなく「仕事」として看護師としての日常生活を送るようになっていきます。

新人の頃はすべてが初めてのことでしたので、患者様のご家族との応対方法等も出来る限り心を込めて行っていました。ですが自分自身もどうしても次第に慣れていきますので、淡々としたものになっているなと思います。看護師として働いていると、看護師とは人の力になるのではなく、結局はあまりサラリーマンと変わらないのかなとも思わされます。患者の容態よりも組織の上の人間の気分の方が大切なシチュエーションも多いです。うっかり看護師長の機嫌が悪い時に反対するかのような意見を言おうものなら後々までネチネチ嫌味を言われることも珍しくありません。結局は看護師も組織の一員。上には逆らえず、自分自身で提案することもままならず、上からのドロップダウンを黙って聞くしかない日々。思っていたものと全然違うので本当にびっくりしましたが、考え方も変化が生まれつつあります。

看護師となった当初はどうしても自分の力を過信している部分があって「自分なら出来る」といった考え方になってしまっていたんです。
ですが看護師としてのキャリアを積んでいくと、結局は自分が無知だっただけで、言われたことの方が正しいなと痛感させられることが増えていきました。時には人の命もかかわってくる仕事なので、どうしても助けたいって気持ちが先走るケースもありましたが、医療の現場に於いて「イチかバチか」ってのは通用しないんですよね。看護師になりたての頃は「可能性があるなら諦めるべきじゃない」って心の中でずっと思っていましたし、医者や先輩看護師たちの決定に対しておかしいんじゃないかって思うことも多々ありました。
でもそうじゃないんです。医療の現場はイチかバチかではなくてリスクがあるなら犯さない。リスクを軽減していく方法を考えるお仕事なんです。自分自身、ようやくこういった考え方が出来るようになってきました。
視野が広がってやりがいを覚えるようになってきたのも事実ですが、視野が広がったがために冷静にならなければならないなと思うことも増えていきました。そのため、やりがいだけではないなと感じるのも事実です。やりがいがある時もありますが、やりがいではなく、冷静になって患者様やそのご家族と向き合わないといけない時も多いんです。

患者様は基本的に病院になどお世話になりたくないって思っている人が多いです。健康ではないからこそ病院までやってきたり入院したり。それらは望んでいないだけに、不貞腐れてしまっていたり看護師や医師に対して非協力的な患者さんだってたくさんいるんです。本音を言えば「だったらベッドが勿体ないから出ていけ」と思うこともありますが、それを口に出したら看護師を名乗る資格はありません。だから自分自身、看護師のお仕事で何より大切なのは忍耐だなって思うようになりました。患者様相手のものだけではなく、上の人間や医師等、看護師が我慢を強いられるケースは多々あります。それでも看護師として続いているのは自分自身も仕事だからと割り切っている部分があるのかもしれません。
理想を追い求めてしまったら、どうしても「それは違う」「もっと良い方法があるのに」と思ってしまうんです。そうじゃなくて、良くも悪くも現実を受け入れる。それが看護師に何よりも求められることだなと思っています。もちろん現実を受け入れた上で最善を尽くすのが当たり前です。仕事としての責任感。それが看護師としてのプライドです。


「みんなの看護観」は、いろいろな方に看護観を問いかけたもので、看護学生や、ふと自身の看護のあり方に迷ってしまった方の参考になる記事が多数!

みんなの看護観2


この記事と似た記事:

当サイトオリジナル、看護師・看護学生専用LINEスタンプ販売中! ナースのみなさまの日常会話で利用できる、専門的な医療用語をちりばめたスタンプです。かわいい、癒し系のデザインで、送った相手にも喜ばれること間違いなし! 詳細はこちらからご覧ください!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク