フリーの看護師って何?どんな働き方をしているの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
部屋でお茶を飲む女性

フリーの看護師とは?

いわゆるどこかで常勤として働いているわけでない看護師のことを言います。
かっこよく言うとフリーランスですね。
私はイベント行事の救護、旅行や合宿の添乗、救急外来の当直、コールセンター、健康管理アドバイザーと様々なお仕事をしています。
その他に仕事としては派遣で訪問入浴やデイサービス、老人保健施設、クリニック、病院、健診のお仕事など1日単位のお仕事もあります。

1週間のスケジュール

基本的には自分でどんなお仕事がしたいのか?とお仕事を選んで、時間や日にちを調整します。
私の場合…
月曜金曜土曜は17時~22時30分までコールセンター
コールセンターは市や生命保険、自動車保険などに付帯しているサービスで『24時間看護師や医師が健康についての相談を受けます』というものをみかけたことがあると思います。そのサービスを委託されている会社があり、そこでのお仕事です。
火曜・水曜・木曜のうちで19時30分~翌朝8時半まで救急外来の当直
月2回火曜の9時~13時で治験のお手伝い
昼間は自営業でやっている健康管理アドバイザーとしてのお仕事をしています。

フリーで働くメリット、デメリット

デメリットは厚生年金がないことや福利厚生がないことです。
協会健保や会社の健康保険であれば5日以上お休みをすると傷病手当てが出ます。
雇用保険も日数を満たしていれば入れますがいろんなところで勤務をしていると満たせないことが多く、やめても失業保険は入ってきません。
働けなくなると収入もなくなるので健康には気をつけていかないといけないと言えます。
スケジュールやタイムマネジメントも必要になってきます。
メリットはお休みを自由に取れ縛られずに好きな仕事がいくつもできることです。
組織に属することが苦手、お休みは好きな時に取りたい、がっつり仕事をしてしばらく何もしない日が欲しい、自分で独立してやりたいことが明確にあるといった人にはフリーランスがお勧めです。
やったらやっただけ、働いたら働いた分の成果がついてきます。
スケジュール管理やタイムマネジメントもできるようになり、時間を有効活用することができています。
自分自身フリーになってから健康にも気遣いができるようになり自らが求められるところでお仕事ができるということにやりがいを感じています。


この記事と似た記事:

当サイトオリジナル、看護師・看護学生専用LINEスタンプ販売中! ナースのみなさまの日常会話で利用できる、専門的な医療用語をちりばめたスタンプです。かわいい、癒し系のデザインで、送った相手にも喜ばれること間違いなし! 詳細はこちらからご覧ください!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク